学校法人昭和大学と株式会社NOVIUSは医工連携によるAIを活用した先端医療機器の共同研究開発の契約を締結

提供元:PR Times@press 

学校法人昭和大学と株式会社NOVIUSは医工連携によるAIを活用した先端医療機器の共同研究開発の契約を締結しました。 学校法人 昭和大学 (所在地:東京都品川区旗の台1-5-8理事長:小口勝司、以下「昭和大学」)と株式会社NOVIUS(本社:東京都八王子みなみ野3-2-13、代表取締役:藤野智子、以下「NOVIUS」)とは、革新的AI医療技術の研究・開発を目的とした、共同研究契約を締結しました。
昭和大学が「次世代に向けた革新的AI医療技術・デバイスの開発拠点」として臨床系および基礎系の関連分野のシーズを結集し、NOVIUSは最先端AI開発企業としての技術を活かして、共同研究開発をいたします。
昭和大学とNOVIUSの間で共同研究課題については、主に顕微鏡手術や内視鏡・外視鏡手術等における医学教育・医療システムの開発・製品化」を進めてまいります。

昭和大学・株式会社NOVIUS共同開発概要
場    所  昭和大学
研究責任者  昭和大学 脳神経外科学講座  佐藤洋輔
株式会社NOVIUS  AI開発責任者 大川浩司
研究期間   2021年12月15日~ 2022年12月15日

共同研究に関する詳細はこちら

主要掲載メディア:PRESIDENT Online、Newsweek日本版,時事メディカル、Ledge.ai(レッジエーアイ)、朝日新聞デジタルマガジン&[and]、東洋経済オンライン、時事ドットコム、日経バイオテク、All About NEWS、ORICON NEWS、BIGLOBEニュース、@niftyビジネス、DX.WITH、産経ニュース、八王子経済新聞、STRAIGHT PRESS、Infoseekニュース(順不同)