エンターテインメント分野におけるN-VISION3D技術の応用

アニメ-ション・映画・テレビを裸眼3Dで視聴できたらどんなに楽しいでしょう!

自ら自由に好きなコンテンツを選べリアルタイムに2Dから3D変換し好きな場所・みんなで視聴

日本で10年程前、3D映画ブームや大手ディスプレイメーカーが裸眼3Dディスプレイ製造を行い身近に3Dテレビを楽しめるようになりました。ニンテンドー3DSも3Dブーム普及に一役買いました。3Dテレビや映画というのは3Dとして見られるコンテンツが限られており、制作側も再編集(2Dから3D化)する手間やときには3Dコンテンツのための専用撮影する労力もかかります。映画館では3D映画というのは全てメガネを付けて3Dを楽しんでいます。ですがN-VISION3D技術は自ら自由に好きなコンテンツを選べリアルタイムに2Dから3D変換し好きな場所や大勢で3D動画をみることを可能にします。

応用可能例

現在生活の一部となりつつある動画による情報収集。その動画コンテンツをさらにもっと楽しい時間に、驚くべき発見があるかもしれない。YoutubeやNetflix,Disney+を含むの動画配信サービスも2Dから3Dへリアルタイムに変換して視聴することが可能です。
film, projector, movie projector-596009.jpg

単眼カメラで制作する機会が多い映画業界ですがそこでもリアルタイムに3D映像を確認しながら撮影を行えるという利点があります。(※現場によって大きく異なる場合がございます)現在3D映画というのはコンテンツが限られ、映像も専用に制作を行っておりますがN-VISION3D技術が可能にしたことはどの映像コンテンツも2Dから3Dへリアルタイム変換するということです。