日本語 English
Real-time Style Transfer × Artificial Intelligence
株式会社NOVIUS
9:00-18:00(月〜金)

NOVIUSのAI技術

エッジAI

エッジデバイスに搭載されたAIのことです。 エッジは「末端の」「端の」、デバイスは「装置」という意味を持ちます。そしてネットワークに接続されたシステムの末端装置がエッジデバイス、そこに搭載されているAIがエッジAIという関係になります。弊社のエッジAIは、すべてAI x リアルタイムで作動するように設計されております。 現在、弊社のエッジAIは、スタイルトランスファー(画風変換)、感情認識、音声分析、監視カメラに映った非定常状態を「リアルタイム」で検知することやその非定常状態の切り出し技術も同プラットフォームで高速処理することが可能。 監視カメラにGPUを接続させることで、リアルタイムで監視などに使うことが可能です。カメラは20台~30台まで一括 モニターリングが可能です。

機械学習

弊社では世界的な基準となるプログラミング言語Pythonを使用して機械学習アルゴリズム設計・開発を行っております。機械学習のニューラルネットワークを活用したアルゴリズムは、人による指導なく、自律的に正常なものと不正常なもの(異常)を検知します。機械の異常を検知することもあれば、ベルトコンベアーを流れる製品の異常も検知するなど、ほかにも活用例は多くあります。機械学習のニューラルネット製品の異常も検知するなど、ほかにも活用例は多くあります。

ディープラーニング

文字や数値、画像、動画、音声といった膨大な量のデータを自動的に学習することで、使い方によっては人間のもつ認識能力を超える成果を生み出します。弊社のディープラーニングのフレームワークは、TensorFlow とPyTorch です。この2つのフレームワークを組み合わせることが、今後のディープラーニング発展の最大要素と考えております。

音声分析

従来であれば主観的するしかなかった顧客や対象者とのコミュニケーションを可視化し、お互いの相互理解をより深いものへと進化する。

感情分析

AIの技術で人間が今何を考えているのか膨大な知識でデータ解析を行い分析を行うのが感情分析です。こちらの感情分析で応用する技術は機械学習の技術であり、沢山の膨大かつ技術力が応用可能です。

顔認証システム

生体認証の分野の一つであり、本人認証の手段として使用、パスワード等に開発・利用されております。NOVIUSは主に顔特徴の目・鼻・口を認証対象としております。

アノテーション

アノテーションの差がAIを決めます。高品質なテキスト、音声、画像などあらゆるデータなどタグを付ける作業です。機械学習アルゴリズムはタグが付いたデータを取り込むことで、パターンを認識できるようになります。そのためにタグが付いた状態のデータを用意することが必要になります。AIの精度を高めるには大量のタグ付けされたデータが必要になり、自社で用意するには人手や労力が必要になります。機械学習(ディープラーニング)のための教師データ作成は当社にお任せください。

「リアルタイム」に動画を画風変換することが可能な技術 (Real-time Style Transfer)

テレビ生放送、You Tube、Net Flix、ネットテレビ、動画サイトが好きな画風(エフェクト)で視聴できます。例えば、有名アニメーター風、ゴッホ風、ピカソ風などほぼ 無限に近い画風(エフェクト)が楽しめます。

「リアルタイム」にヒトの表情や声から感情認識や音声分析が可能

自社で開発した、2軸同時活用できるAI リアルタイムシステムです。応用範囲は広く、多目的に活用できます。

リアルタイムの年齢認証、属性判別、店前通行量の推測、リピート判定、顔認証、不審者判別、不法行為判定  

監視カメラに映った非定常状態を「リアルタイム」で検知し、その非定常状態の切り出し技術も同プラットフォームで高速処理

アノテーション

検出車を修理する時に使用するオープンレンチ、
ソケット、インパクトレンチなどの工具の検出
検出写真に写っている人の唇、頬、眉毛、アイシャドウなどを部分検出する
検出建築現場で働く人のヒヤリハットの事例を検出する
動画動画から行動パターンを区分けする
セグメンテーション工場の指定された各機械を色で分ける
アパレルの分類選ばれた服が見た目だけで素材によって分類される(綿、麻、ウール、シルクなど)
画像分類写真から自分好みの顔、服、靴などを分類する
OCROCRで読み取った文字を修正し、文字種類・定義を設定する