医療におけるN-VISION3D技術の応用

医療における
N-VISION3D技術の応用

顕微鏡や内視鏡による手術にある問題点-1

奥行き感、立体感のない手術は非常に危険

これは、術者が実際に体を開いて手術をしているのではなく、画面を見て手術をしているためです。人体は立体的な構造をしており、立体的に理解し、操作する必要があります。人体をある程度知っている熟練外科医は、2次元から3次元の構造を想像できますが、経験の浅い外科医にはできません。しかし、経験の浅い外科医はそれができないので、非常に危険である。脳腫瘍、動脈りゅう、てんかんの手術では、1ミリの違いが大きい。執刀医はキャリアを通じてその深さを勘で分かっている。

顕微鏡や内視鏡による手術にある問題点-2

複眼内視鏡

そこで立体的に見えるように開発されたものが複眼式内視鏡です。複眼式の特徴として高倍率に弱い欠点があり、倍率を高くするとピントが合わずぼやけることがある。逆に、単眼式内視鏡は 高倍率に強く物が鮮明に映るメリットがあるが三次元的に見ることは出来ず2次元での対応になるので立体感などをつかめないデメリットがある。さらに一人が操作を行っていると周囲は、同時進行で情報を共有することはできません。

顕微鏡や内視鏡による
手術にある問題点-1

奥行き感、立体感のない手術は非常に危険

これは、術者が実際に体を開いて手術をしているのではなく、画面を見て手術をしているためです。人体は立体的な構造をしており、立体的に理解し、操作する必要があります。人体をある程度知っている熟練外科医は、2次元から3次元の構造を想像できますが、経験の浅い外科医にはできません。しかし、経験の浅い外科医はそれができないので、非常に危険である。脳腫瘍、動脈りゅう、てんかんの手術では、1ミリの違いが大きい。執刀医はキャリアを通じてその深さを勘で分かっている。

顕微鏡や内視鏡による
手術にある問題点-2

複眼内視鏡

そこで立体的に見えるように開発されたものが複眼式内視鏡です。複眼式の特徴として高倍率に弱い欠点があり、倍率を高くするとピントが合わずぼやけることがある。逆に、単眼式内視鏡は 高倍率に強く物が鮮明に映るメリットがあるが三次元的に見ることは出来ず2次元での対応になるので立体感などをつかめないデメリットがある。さらに一人が操作を行っていると周囲は、同時進行で情報を共有することはできません。

AIリアルタイム2D-3D映像変換による裸眼3D技術

AIリアルタイム
2D-3D映像変換による裸眼3D技術

どんな実写映像でも単眼カメラから即時に3D化可能、AIリアルタイム2D-3D映像変換による裸眼3D技術です。リアルタイムに2D-3D化を行い立体的理解を可能にし今まで画面上でリアルタイムに見えなかった人体の奥行(Depth)を見ることができます。ミリ単位での奥行が見え把握ができることで手術に大量出血や医療ミス等を事前に防ぐことにも有効です。

リアルタイムに2Dから3D出力可能

リアルタイム変換時間(2Dから3D変換時間)は世界最速の変換時間を実現しております。独自のAI3Dアルゴリズムを開発し変換時間は約0.08秒前後(2022年7月10日時点)となっております。(測定環境24インチ・17インチ3D裸眼ディスプレイ)

複数人で同時視聴可能

3DメガネやVRゴーグル、コンバータ(変換器)等も使用しないので裸眼3Dディスプレイに表示されているものを周囲にいる人たちが情報を共有することが可能です。

非医療機器(プログラム医療機器)

こちらの技術はプログラム医療機器、非医療機器として厚生労働省担当機関から確認をとっております。あくまでも医療分野においてはAI画像支援システム、当該技術の場合はデータの表示・保管・転送処理を行うこととして使用を想定しております。

リアルタイムに2Dから3D出力可能

リアルタイム変換時間(2Dから3D変換時間)は世界最速の変換時間を実現しております。独自のAI3Dアルゴリズムを開発し変換時間は約0.08秒前後(2022年7月10日時点)となっております。(測定環境24インチ・17インチ3D裸眼ディスプレイ)

複数人で同時視聴可能

3DメガネやVRゴーグル、コンバータ(変換器)等も使用しないので裸眼3Dディスプレイに表示されているものを周囲にいる人たちが情報を共有することが可能です。

非医療機器(プログラム医療機器)

こちらの技術はプログラム医療機器、非医療機器として厚生労働省担当機関から確認をとっております。あくまでも医療分野においてはAI画像支援システム、当該技術の場合はデータの表示・保管・転送処理を行うこととして使用を想定しております。

既存の2D単眼内視鏡カメラが使用可能

単眼の内視鏡でリアルタイムに立体的に見ることができる。それがこの技術を開発した最大の理由です。現在国内医療機関に導入されている内視鏡のうち8割以上が単眼カメラになります。このN-VISION3Dは導入済みの既存の2D内視鏡カメラ(単眼カメラ/シングルカメラ)からリアルタイムに3Dに出力可能です。コンバータや3Dメガネ等は不要です。

既存の2D単眼内視鏡カメラが
使用可能

単眼の内視鏡でリアルタイムに立体的に見ることができる。それがこの技術を開発した最大の理由です。現在国内医療機関に導入されている内視鏡のうち8割以上が単眼カメラになります。このN-VISION3Dは導入済みの既存の2D内視鏡カメラ(単眼カメラ/シングルカメラ)からリアルタイムに3Dに出力可能です。コンバータや3Dメガネ等は不要です。

既存の顕微鏡、内外視鏡等との接続が容易

既存の内視鏡機器(既存内視鏡機器など)からHDMIなどで画像を引き出し、NVIDIA GPUを搭載した機器にN-VISIONのAIソフトをインストールします。既存の画像を機器に流し込んでリアルタイムに3D化映像を視聴できます。ディスプレイは裸眼3Dモニターです。接続方法は基本的にはHDMIですが内視鏡システムのメーカーによっては出力が出来ない場合もございますので接続可能方法やネットワーク設定等は導入環境によって異なりますので詳細はお問い合わせ下さい。

既存の顕微鏡/
内外視鏡等との接続が容易

既存の内視鏡機器(既存内視鏡機器など)からHDMIなどで画像を引き出し、NVIDIA GPUを搭載した機器にN-VISIONのAIソフトをインストールします。既存の画像を機器に流し込んでリアルタイムに3D化映像を視聴できます。ディスプレイは裸眼3Dモニターです。接続方法は基本的にはHDMIですが内視鏡システムのメーカーによっては出力が出来ない場合もございますので接続可能方法やネットワーク設定等は導入環境によって異なりますので詳細はお問い合わせ下さい。

様々な場所で応用可能

医療機関

手術室、臨床現場等などで裸眼3Dディスプレイで熟練執刀医の術をリアルタイムで共有して見る。経験の浅い外科医が熟練執刀医から容易に術のノウハウを得ることができる。

医学教育

医学教育において、医学生を指導する際、2次元の画像は理解しにくい。 立体的な理解や操作が必要だからです。また、現在実用化されている3DメガネやVRは機器を装着する必要があり、複数人での画像共有が不可能です。実操作の同時進行で複数人で画像を共有することも不可能です。NVIDIAのGPUパワーをAWSクラウドを経由して使うことで裸眼3Dタブレットにて術映像を視聴したり解剖学を学ぶことができます。

様々な場所で応用可能

医療機関

手術室、臨床現場等などで裸眼3Dディスプレイで熟練執刀医の術をリアルタイムで共有して見る。経験の浅い外科医が熟練執刀医から容易に術のノウハウを得ることができる。

医学教育

医学教育において、医学生を指導する際、2次元の画像は理解しにくい。 立体的な理解や操作が必要だからです。また、現在実用化されている3DメガネやVRは機器を装着する必要があり、複数人での画像共有が不可能です。実操作の同時進行で複数人で画像を共有することも不可能です。NVIDIAのGPUパワーをAWSクラウドを経由して使うことで裸眼3Dタブレットにて術映像を視聴したり解剖学を学ぶことができます。

N-ViSion3Dに関するお問い合わせ

技術的なご質問や導入に関するご相談・ご質問、既存システムとの接続方法、技術の応用範囲 等