表情認識・音声分析

NOVIUSが開発した表情認識アプリケーションは、顔画像から詳細な表情の変化を高精度で捉えることができる技術です。世界中から膨大な数の顔の表情を収集し、データベース化しています。その表情の変化をもとに、嬉しさ、戸惑い、ストレス、怒りなど、ユーザーの状態や反応を定量的に評価し、感情をデータ化して分析する独自のアルゴリズムを開発しました。また、様々な分野での応用を想定しており、顔の表情から感情を読み取る表情認識AIを提供しています。
表情認識・音声分析_データ化_01
オンライン授業/テレワーク

Example

顔認識や音声解析は、瞬間的な表情の変化をリアルタイムに数値化してデータ化したり、円グラフ化したりすることができます。

応用_オンライン授業/テレワーク

教師は生徒の情緒的安定性を可視化することが可能。授業の進捗状況をみてアドバイスをすることが可能。欠席率が高い生徒には表情認識結果・音声分析・成績を考慮しカウンセリングをつけたり生徒の満足度をチェックし、情緒的な問題があれば、教師はカウンセラーを含む更に上の専門家に指導をあおぎ、リモートでも最悪の事態を避け可能性を低くすることが可能です。

表情認識・音声分析_オンライン授業/テレワーク_01

HUB BOX

AI活用による “新時代 “の営業ツール

「HUB BOX」は、営業支援だけでなく、1対1の商談や複数人での会議など、さまざまなシーンでの利用を想定しています。独自の画像プラットフォームを用いて、「Hub Box」と「ZOOM」を連携させることで、オンライン上の相手が「Hub Box」を利用するために「ZOOM」をインストールするだけで、「ZOOM」の持つ接続性や優れた画質・音質を「Hub Box」の接続インターフェースとして利用することができます。また、サーバー機能も独自に開発し、Googleサーバーを利用しています。

連携するAIは、独自に開発した顔認識機能と発話からの音声解析の2軸で、相手(お客様側)の感情をリアルタイムに読み取り、オンラインでの商談を有利な立場で進めることができます。

メリット
(1)1日あたり圧倒的な数のリードにアプローチできる。
(2) 少人数でも成果が出る(コスト削減)
(3) 業務効率化による人手不足対策に有効。
効率化
(4) 業務の標準化により、担当者の属人化を防ぐことができる。
(4)仕事を標準化することで、違う仕事に配属されることがない。
(5) 新人でもベテラン社員と同等のパフォーマンスが期待できる。
(6) 将来の顧客を育成するための育成機能