リアルタイムビデオ変換

リアルタイムビデオ変換技術

NOVIUS自社開発
国内特許取得技術”
リアルタイムビデオ変換技術”

スタイルトランスファーという技術を応用し人工知能と融合、リアルタイムに動画を画風変換することが可能な技術として開発。無限にエフェクトを作成可能。従来に無かったビデオ撮影でのリアルタイムでのエフェクト機能撮影、実写でのリアルタイムアニメ化動画が可能になる、コンテンツにおいて多様性が広がる技術です。

リアルタイムビデオ変換技術とは

動画コンテンツにエフェクトを適用してこれらのビデオコンテンツをリアルタイムで変換する技術をリアルタイムビデオ変換(リアルタイムスタイル変換)と言います。その時の雰囲気やその人の好み、色彩感覚に合わせて動画コンテンツをリアルタイムにエフェクトを変化させていきます。

世界で広がるビデオ変換開発の波

動画コンテンツに人工知能の多様な技術を用いてエフェクトをかけて変換するという流れはすでに5年前ほどから盛んに研究が行われております。開発結果を公表しているだけでも、アメリカのGoogle,Nvidia(特に人工知能の開発を盛んに行っている企業)やコーネル大学、中国の武漢大学や清華大学、中国科学院大学等の名だたる人工知能に対して専門的知見と知識を持った方々が開発を盛んに行っております。

国内特許取得技術

応用分野

リアルタイムビデオ撮影機能搭載スマートフォン、リアルタイムエフェクト効果によりプライバシー保護観点による防犯カメラ、デジタルサイネージ、動画コンテンツを有するその他サービス、エンターテインメント事業、ライブ配信事業、

各々の好みに合わせたエフェクト生成

つまりは、リアルタイムに動画コンテンツに無数のエフェクト多種多様にかけることが可能ということです。元々の技術コンセプトは、世界中の人々の持つ価値観はそれぞれ異なります。だからこそ、動画を見るときの感じかたや色彩感覚は違うはずです。モノクロの世界観のみが好きな人、レインボーだけの世界観を好む人、それぞれの好みに合わせたエフェクトをリアルタイムに実現可能にしたのがリアルタイムビデオ変換技術です。

リアルタイムフレーム分析 FRS Analysis

動画から静止画を切り抜き

リアルタイムフレーム分析というのはテレビや動画コンテンツを視聴しているときに様々なユニークなデザインに遭遇すると、
瞬時にそこから映像の各コマ・フレームを画面に出し分析(分析基準は様々な環境にて設定可能)することが可能であるという技術。NOVIUSのフレーム分析はリアルタイムビデオ変換技術と掛け合わせ、例えば線画のみに変換した動画をフレーム分析し好きな場面を切り取り、好きな画像で様々なソフトを使用しお絵描きなども可能(こちら派生技術は現在開発中)