人工知能と店舗分析プラットフォームで顧客行動の見える化を実現

AI サイネージによる顔認証、来店者カウント、属性、再来店率などの把握・導線による来店者によく見られているエリアの特定・不審者の検知(不自然な行動)・万引き検知(犯人を捕まえることが目的ではなく、実行犯に注意喚起することで2度としないことへの防止)・常連客へのクーポン・お得情報の配信

AI ×店舗分析プラットフォーム

AIサイネージ

○お店の入り口に設置しているサイネージの前に立てば、
AIが属性と年齢を判断しその人に合った商品を推奨する

○生体カウントにより、何人が店に入ったか、或いは店の
前を通ったか集計でき、プランニングに役立つ

○新しい店舗をオープンする時に、その通りの通行人の
属性、年齢層、人数などが自動集計可能である。

○実際の動作としては空き時間にPOP広告を表示、人が
近づくとAI機能が自動的にオンとなる。

検温付きAI顔認証

人数カウンタ+ 導線

・ センサー直下を通り過ぎた人数の測定
・特定の売り場でどの商品に手を伸ばしたかを知る
・顧客一人一人を追跡して動線を描く

店舗人数計測+導線
正確に複数人の同時カウントを行うことが可能です。入退出管理を行うことで、店内にいる人数を正確にカウントし、人手による入場制限をTOF センサーで代行できます。複数センサーを利用することで、1 台ではカバーしきれない広い間口のカウント、移動方向、歩行速度や立ち止まったか等も把握が可能です

不審者検知

独自のアルゴリズムとデータをクラウドに入れてある。
不審な行動を検知して、対象者への「お声がけ」を行うことで、万引きを未然に防ぐことが可能になります。

万引き検知の実際としてすでに万引きした後では、たとえ画像により証拠があってもいろいろ面倒になるため、
その実行前に怪しげな行動をとらえて事前に防ぐことが重要です。
結論として万引きしそうな人を事前に検知し、相手の行動を変えさせます。それが真の対策です。

怪しげな行動

【1】集団で行動し、売場内を必要以上に徘徊している。
【2】単独で行動し、特段の買い物行動を見せることなく、
必要以上に長時間、売場内をいったり来たりしている。
【3】定められた店内専用買い物カゴ等を持たず、大型のバック等を所持し、 周囲を必要以上に気にしながら、店内を徘徊している。
【4】店員等の様子を必要以上に気にしながら店内を徘徊している。
【5】防犯カメラ等の機器を気にしながら行動している。
【6】何回か来店しているのに商品を買わずに出て行く客には注意を払う。
【7】執拗に店員の気を引くように話しかけたりトラブルを起こす。
(複数犯) ※引用※福岡県万引き防止連絡協議会

対策

これらの行動をした人物の発見時、ボディランゲージなどで店員を近くに立たせる、お声がけするなどの行動を取ります。それにより万引きを事前にやめさせます。親、警察を呼びだすなどの余計な手間が避けられます。

リアルタイム万引き/迷惑行為検知

サーバーにある数十種類の万引きの行動くパターンを瞬時に探知し、万引きを未然に防ぐ指示を
店のスタッフや店長に伝え、それでも実行に移した場合は、万引き検知機能が作動する。

このように万引き検知後その人に赤枠が付きます

PTZカメラによって常に赤枠検知の人物がカメラ画像の中心になるように監視します

クーポン・情報配信

BeaconとはBLEを用いた技術の一つで、それに対応した
デバイス間で情報のやり取りを行うことができます。
具体的には、Beaconデバイスから発信されたUUIDを、対応するスマートフォン内蔵APPで受け取ることができます。

UUIDとはGUIDとも呼ばれるもので550e8400-e29b-41d4-a716-446655440000のような形の128ビットの数値です。これは発信デバイスに内蔵されており、受信デバイスに送受信時渡されます。このGUIDをWEBで加工することにより、様々な情報を受信端末に表示します。メリットとしては、特定の場所に固有のメッセージを表示できることです

ビーコン種類
・長寿命据置型ビーコン (1年間連続作動)
・コイン型(加速度センサー付)ビーコン
・通常コイン型ビーコン
・USB型ビーコン
・業界最小コイン型ビーコン

この技術の使用方法としては、クーポンやお得情報などを店舗に来店した客だけに情報を発信できることです。そのようなことが低電力で実現できます。

無人化店舗・無人化倉庫

多くの実店舗で動線精度を鍛え上げ、既に無人化店舗に導入されております。複数のセンサーの動線連結機能により、動線を1 本化し、広範囲のカバーも可能です。デバイス遠隔管理、サーバーレス運用、リアルタイムモニタリング、外部機器との連携、などニーズに合わせた機器構成で運用が可能です。