NOVIUSの保持する特許のポイント

従来の技術

novius_patent_img01BLEの基本的な機能として図のようにビーコンやスマートフォンの電波を感知してこれに対応する情報を表示するという機能が存在します。

NOVIUS 特許技術

従来の技術に対して、NOVIUS の特許は、スマートフォンがビーコン電波を受信した時、サーバ側のデータと端末側(スマートフォン)に紐付けられたデータを比較したり、フィルタリングすることによって対応した表示データを読み取ることができるというのがNOVIUS 特許技術です                                                                                               特許番号:5765796号 5829775号

novius_patent_img02

                                                  

実際の使用例(モール運営、大手小売り、店舗)

今現在の情報を得る情報端末として使う

1.ユーザーは 各種購買情報、モール情報の最新情報を得ることができる
2.店舗側はユーザー情報に応じた広告ツールとして
3.モール運営者はユーザ行動情報を得えることが可能

この時、今まで難しかったユーザ各人の現在位置に応じた情報カスタマイズが出来る
更にそれと同時にユーザー自身も情報をフィルタリングして選ぶことが出来る。

ユーザー端末の実際の操作

情報をフィルタリング出来るとはどういうことか実際の画面をみながら説明します。

example1_image01

今後の展開について

future_image03今回はBLE(ビーコン)に重点をおき説明しましたが、実はノビアスの特許は近距離無線通信という名目で取得しています。
そのために、BLE(ビーコン)の部分がFelica, NFC, WiFi-Aware, Wi-SUNなどの技術に置き換わったとしても特許の範囲として権利できます。
IoTの世界では最近 Wi-Sunなどが急速に広がっているが、これに対しても情報を出す側、受ける側両方で紐付いた情報があり、それを受け側で選択してなにかするときには応用可能と考えられる。

様々なことを考慮しながらIoTに取り組んでいきます。