現在のTVと未来のTV

「ただ見るテレビから、
多様性TVへ」

現在のTVは、テレビ番組をはじめとするニュースやドラマ・バラエティーを民放各局制作し電波を使用し放送しております。NOVIUSが今回未来のTVとして提案開発するしブランドとするのは「NASCA」
という生配信番組を保有するYou Tube やネットTVに色々なエフェクトをリアルタイムに掛けて多様性を楽しむシステム・ソフトです。
特許が取得でき面白い点は実写動画/ビデオに
リアルタイムでエフェクトを掛けることができ、同期にエフェクト映像が見れます。

※上記はハメコミによるサンプルになります。

次世代テレビ技術「Nasca」

Set Box(各国の仕様に従って作成)をユーザーのホームタウンに設置すれば、世界中のどこにいても地元のテレビ番組を視聴できます。この場合、現在の場所で地元TVを見るにはNASCA TV(現時点ではNASCAが推奨するスペックを持つ市販PC)を購入し、ソフトウエアをインストールする必要があります。NASCA TVを地元に設置し、地上デジタルに接続すると、どこの地域や国にいても地元テレビをスマートフォンやPCで高品質のテレビを視聴できます。アニメーション画像やエフェクトを掛けて見ることができます 。

NOVIUS独自で開発したAI 映像技術
    NASCAで何ができるか?

①高解像度のテレビ画像をスマートフォンで世界中どこにいても視聴可能
②TV放送にライブエフェクト及びライブアニメーションテクノロジー
③AI 映像の表示技術で、テレビ番組を「見ながらの商品購入」も可能

重要キーワード(タグ)今後我々の技術で可能にできる主なこと
:リアルタイム広告・リアル通訳(翻訳)・リアルタイム視聴率・ライブアニメーション 等々

YOUTUBERなど動画製作者側で、すでに保存された画像を変換して新しい動画にする目的でも使用できます。ライブで生中継しながらエフェクトをかける、あるいはアニメーションにするなど様々な目的にも使うことができます。映像制作会社、テレビ局、CM会社、アニメーション制作会社にもNASCAの映像アプリが選択の1つとなります。実写動画をモノクロ、線画で見たりもでき、古い映像を新しく見せる機能(リマスターリング)も付いております。

動画の実写サンプル(適用前)

リアルタイム

NASCA技術適用後(ライブアニメーション)

使用例

eラーニング

子供も大人もアニメーションが大好きです! アニメーションには創造性を刺激し、幻想的な世界に私たちを運ぶパワーがあります。 実際、アニメーションは、感情的なつながりを促進し、オンライン学習者にeラーニングに興奮させる貴重なツールです。 eラーニングでアニメーションを使用する理由と方法を説明します。 eラーニングにおけるアニメーションは、それが理想的な方法であるということです。オンライン学習者は、毎日の通勤時や会社休憩室に座っているときでも、eラーニングアニメーションを好きなときに再生、一時停止、再視聴でしております。 アニメーションを使用すると視覚的表現を提供し、アイデアやタスクを簡素化するために学習内容が把握しやすくなります。しかし、1つ1つの学習内容をアニメーションにすると膨大なコストが必要となります。しかし、NASCA を使うと実写をライブアニメーションに容易にできます。実写ライブや録画でも、教師と背景はアニメーション化できるため、eラーニングプログラムをアニメーションで楽しむことができます。 NASCA テクノロジーを使用すると、実写動画を容易にアニメーション化できます。

AR サイネージ

リアルイベントと相性が良く、リアル×デジタルを融合することで紐づけ、「体験」の効果測定も可能です。今までのマーケティング企画をさらに効果のあるものにします。弊社の画像技術を活かし、企業に合うARを活用した企画・マーケティングを提案できます。サイネージの連続性のある広告は一般的ですが、写真やイメージをサイネージで表示しておき、ユーザーがその写真やイメージをスマートフォンでかざすと、それに関連した広告がスマートフォンに表示され、サイネージとインタラアクティブに画像と音声のやりとりができる新しいマーケティングツールとして使用できます。ソフトダウンロードの必要性もなく、スマートフォンをかざすだけで、サイネージに表示された画像がスマートフォンに転送されます。サイネージの前に立った方をカメラで捉え、性別・年齢推定によって、その方が好まれそうな複数のサービスや商品をAR表示し,サイネージとインタラアクティブにやりとりをエンジョイできます。ストーリーと演出ができるARサイネージです。 ​

産業界への応用

産業界や製造業はもちろんですが、昨今のAI×ロボット+ 検査装置のアプリを今後普及させていくのに際し、AIによる学習時実施時のユーザーに対する負担を軽減する分野においてAI画像処理技術は必須となってきます。 可能性があるシナリオとして、AI導入時の教師データを大量に用意することが難しい業界や会社においては、20データに満たないような少数のOK/NGデータを準備さえすれば、後はAI画像処理ソフト上でOK/NGデータそれぞれの特徴を踏まえた擬似サンプルデータが生成可能というようなこともNASCA によって可能となります。AI画像処理技術は本質的に不可欠になりますAI×ロボット+ 検査装置のアプリケーションは将来広く使用されるため、AIによる学習と実装時のユーザーの負担を軽減することが必要となる。 AI x ロボット+ 検査装置の時代はもうすぐそこまで来ております。 機能の強化は、AI画像処理技術に大きく依存します。 NASCAは今後産業界が抱える課題に対処できると考えております。

e-コマース

ライブでテレビ番組にエフェクトを掛ける映像技術を利活用し、ネットやデジタルと連携/連動して 新しい価値を生む eコマースや動画メディアの実現が可能となります。具体的には、TVドラマやバラエティ番組中にテレビ視聴者が「買いたい」と思った商品をAIが探し、テレビを見ているその場で商品を購入できる次世代ECサービスなどを提供することができます。新しい時代のeコマースです。現時点において、テレビ視聴者は受動的であり、ただドラマ、映画、ニュースを見て楽しむだけです。 テレビが一般家庭に普及してから50年以上が経過しましたが、現在も同じようにテレビを見ております。NASCA TV により視聴者参加型のアクティブに活用される時代の到来です。 NASCA TVには、テレビをこの新型eコマースの方法を現実化させる技術があります。 AIイメージング技術 とエッジ検出の組み合わせによる新テクノロジーです。ここでは新しい形のテレビショッピングやeコマースを提案しているのではありません。まだ存在していない方法でのeコマースの実現化です。テレビを見ながら欲しい商品を購入することです。

多様性のあるエフェクト

好きなTV映像を
ジグゾ―パズルにして
遊ぶ枚数や形状の調整は可能