AI 活用「新時代」のインサイドセールス

表情認識と音声分析のAIは独自開発

インサイドセールス

新時代のインサイドセールス「Hub Box」は営業支援だけでなく様々なシーンで使うことを前提に設計されており、1:1の商談や多人数での会議など様々なシーンで使用することが想定されております。弊社独自の接続プラットフォームを使い ZOOM との連携により、オンラインの相手がZOOM をインストールするだけで Hub Box を使うことができます。ZOOM の接続性や優れた映像と音質がHub Box の接続インターフェイスとして使用できます。サーバーも独自に開発しGoogle Server を使用

本システムと連動するAI (人工知能)は独自で開発した顔表情から認識する機能と声からの音声分析の2軸でリアルタイムで読み取ることが、オンライン商談を有利な立場で進めることが可能になります。

AI 感情認識   相手の顔表情からリアルタイムで表情(感情)評価
AI 音声分析   相手の肉声からリアルタイムで音声分析



インサイドセールス機能

1)カンぺ機能 - 営業サイドにのみ表示される。ベテラン営業のトークを社内共有 
2)リタスキング機能  -  商談中に上司や先輩によるアドバイスが可能
3)画面キャプチャー機能 - ファイル資料をホワイトボードに張り付ける
4)メモランダム 営業サイドにしか見えない画面を表示
5)通訳 -  文字による表現 (対応言語:英語、日本語)
6)時間リマインダ  -  時間が来たら双方に知らせる
7)名刺機能(プロフィールシート) - オンライン名刺交換
8)ティーチング  - 会話内容を録音し、後で上司がアドバイス
9)クライアントPC - ユーザー権限にて可能
10)自顔のアニメ化  - 双方の顔がアニメ―ションように変化
11)セルフチェック - 客先訪問前や今日の自身の感情レベルをチェックする

インサイドセールス

メリット
1)日にアプローチできる数(リード)が圧倒的に多い
2)少人数でも成果を上げられる (コスト削減)
3)業務効率化による人手不足対策に効果的
4)業務の標準化により属人化を防止できる
5)Ai 活用し、新人もベテラン同様のパーフォマンスが期待できる

デメリット
1)顧客に商品の魅力を伝えきれない場合がある
2)1度も対面したことがない場合、信頼されづらい
3)社内で情報共有ができる仕組みが必要になる






見込みの低い顧客のナーチャリング

価格が高く、説明や商談が複雑な商品の営業は遠隔化には、適していない場合があります。そういった場合でも、見込みの低い顧客に遠隔での情報提供やコミュニケーションを継続的に行い、ナーチャリング(育成)することで、最終的に顧客にする特に、この機能は新人のトレ―ニングに効果を発揮します

モニタリング募集

Hub Box のモニタリング(無料)を募集しております。リリース前のΒ版ですが、機能としては備わっております。新時代のインサイドセールス 「Hub Box」は様々なシーンで使うことを前提に設計されており、1:1の商談や多人数での会議など様々なシーンで使用するために構築されております。弊社独自のアプリを使い ZOOM との連携により、オンラインの相手がZOOM をインストールするだけで Hub Box を使うことができます。ZOOM の接続性や優れた映像と音質がHub Box の接続インターフェイスとして使用できます。

本システムと連動するAI(人工知能)は独自で開発した顔表情から認識する機能と声からの音声分析の2軸で読み取ることができる。相手の感情を読み取りながら商談を進め、オンライン商談を有利な立場で進めることが可能になります。

© 2020 NOVIUS COMPANY