AI画像プラットフォーム

弊社が開発した画像プラットフォーム(IKKYU) は「エンタメから製造業まで」をモットーにし、「画像変換」「色調変換」「画像分類」を組み合わせることでリアルタイムに画像処理できるツールです。これらを使うことでさまざまなことが可能になります。
基本プラットフォームは、AI + Open/CV + GAN +独自の学習アルゴリズです。

画像変換

画像変換とは、映像をスタイル変換(画風変換)することで、アニメーター、絵師、絵画などのパターンに沿って映像を画風変換することです。
テレビ映像、You Tube、Netfflix などの動画が対象

色調変換

色調変換とは、テレビマンガ、You Tube のアニメーションなどの線画の色を変換することができます。1920年~1960年のアニメーションや当時のアメリカのCartoon などは白黒(モノクロ)がほとんどですが、これらのマンガの色を白黒からセピア色に変換したり、部分的に色を付けたりすることができる技術です。もちろん、AI が自動で色調変換し、人による編集・加工は一切必要ありません。

画像分類

画像分類とは産業界や製造業はもちろんですが、昨今のAI x 検査を今後普及させていくのに際し、AIによる学習時実施時のユーザーに対する負担を軽減する分野においてAI画像処理技術は必須となってきます。可能性があるシナリオとして、AI導入時の教師データを大量に用意することが
難しい業界や会社においては、10データに満たないような少数のOK/NGデータを準備さえすれば、後はAI画像処理ソフト上でOK/NGデータそれぞれの特徴を踏まえた擬似サンプルデータが生成可能というようなこともIKKYU によって可能となります。

AI画像処理技術は本質的に不可欠になります。AI×ロボット×検査装置のアプリケーションは将来広く使用されるため、AIによる学習と実装時のユーザーの負担を軽減することが必要となる。AI x ロボットx 検査装置の時代はもうすぐそこまで来ております。 機能の強化は、AI画像処理技術に大きく依存します。 NASCAは今後産業界が抱える課題に対処できると考えております。モノの傷・汚れ・形状変化などを検知し、不良品や老朽化の判定を自動で行うことで、製品の質の担保と外観検査・監視にかかるコストの削減を行います。

世界で広がるビデオ変換開発の波

動画コンテンツに人工知能の多様な技術を用いてエフェクトをかけて変換するという流れはすでに5年程前から盛んに研究が行われております。開発結果・途中経過を公表しているだけでも、アメリカのGoogle,Nvidia(特に人工知能の開発を盛んに行っている企業)やコーネル大学、中国の武漢大学や清華大学、中国科学院大学等の名だたる人工知能に対して専門的知見と知識を持った方々が開発を盛んに行っております。